読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

多事雑言

日常の出来事などについて、無責任に記述していきます。

ゲスの極み乙女に関わると何かの力が働くのか?

ゲスの極み乙女といえば、ボーカル川谷絵音ベッキーの不倫問題で、
その存在が若者だけでなく、おば様層などにも認知されただろう。

それまで、好感度タレントとして多数の番組、CMに出演してきたベッキー
まだ番組降板には至ってないようだが、CMは打ち切り、差し替え発生に追い込んでいる。

それはそれで、当人たちの問題で不倫が良いとか悪いとかまでは判断しないが、
ゲスの極み乙女がきっかけで、芸能界での立ち位置が大きく変わった一人だろう。

そして、ここ数日、国会を騒がせているのは甘利大臣のお金をめぐる問題だ。
建設会社からの資金提供がおこなわれていたが、政治資金収支報告書に記載されていないという、
政治資金規正法違反の可能性や、UR(都市再生機構)との交渉の場に甘利大臣の秘書が同席し、
係争解決の依頼の見返りに現金を受け取ったということで、斡旋利得処罰法に違反する可能性があるということだ。

ところで、甘利大臣はマイナンバー制度の記者会見の場で、
ゲスの極み乙女の「私以外私じゃないの」の替え歌で世間を色々な意味で驚かせたのだが・・・。
私以外私じゃないの・・・甘利大臣、替え歌でアピール(15/05/26) - YouTube

いや、単なる偶然だろうが、世の中不思議なものである。
東原亜希デスブログ伝説並みに根拠はないが、
ゲス乙女(と略すらしい)と絡んだ人や団体などに何かが起こったら、
ある意味伝説になれると思う。